推しを応援!現役舞台俳優おすすめ10選&渡す時のマナー3つ

本サイトで紹介している商品・サービスなどの外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

ミュージカルを今度見に行く時、
推しの俳優にプレゼントを渡したい

友人の出演する朗読劇に差し入れをしたい

舞台公演の差し入れ、何を持っていったらいいのかわからない

そんなことはありませんか?

「せっかくだから美味しいものを食べてほしい」

「でもこれだと迷惑かけたりしないかな…」

などなど、いろんなことを考えてしまいますよね。

そこで今回は5年以上舞台俳優として活動している私が、「俳優がもらって嬉しい差し入れ・プレゼント」をご紹介します!

また差し入れやプレゼントのマナーについても合わせてまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ
  • 舞台公演への差し入れ・プレゼント、何を買えばいいかわからないという方
  • 差し入れ・プレゼントの渡し方に不安があるという方
目次

失敗しない!もらって嬉しい舞台公演の差し入れ・プレゼント10選

まな

気になるものをクリック!

困りやすいプレゼントの特徴:
要冷凍・要冷蔵、大きすぎるもの

もらって嬉しい差し入れやプレゼントですが、ありがたい反面困ってしまうものもあります。それは、要冷蔵・用例等のものや、大きすぎるもの。

なんで困りやすいの?

それぞれの理由をお伝えしますね。

あわせて読みたい
舞台俳優に聞いてみた「もらって困った差し入れ(プレゼント)」は? 推しに応援している気持ちもこめてプレゼントを送りたい せっかく贈るなら喜んでもらいたい 推しへの差し入れやプレゼント。せっかく気持ちをこめて贈るなら、受け取る...

1. 要冷蔵・要冷凍のもの

劇場の楽屋にある冷蔵庫は大きくありません。そのため、冷蔵・冷凍が必要なものは、出演者の手元に届いた頃に傷んでしまう可能性も。

「これ大丈夫かな…でもいただいたものだしな…」と不安になってしまう要素を作ってしまうのはもったいないです。

乾燥したもの・常温OKなものを選びましょう!

2. 大きすぎるアイテム

大きすぎるアイテムは、保管に大きなスペースが必要だったり、出演者が持って帰る時に荷物が増えて大変な思いをすることも

そのため、渡したい相手が帰り道に大変な思いをしないように、大きな気持ちは大切にしつつも、渡すプレゼントはコンパクトにしてあげてください。

コンパクトなもの、もしくは渡した相手が持って帰らなくても大丈夫なものにしましょう!

嬉しい差し入れ・プレゼントの特徴:
好きが反映されてるもの・すぐに使いやすいもの/食べられるもの

逆にもらって嬉しい舞台の差し入れやプレゼントは「その人の好きや、役柄・作品を反映したもの」「すぐに使いやすいもの」です。

1. 好きが反映されてるもの

「このプレゼント、私の好きを分かってくれてる!」こう感じると嬉しかったりしませんか?

例えば、ドナルドダックが好きな人であれば、それにちなんだアイテムだったり。

こうした相手の個性を汲み取ったプレゼントは、受け取る人にとって嬉しいものです。

他にもその作品を連想させる差し入れ・プレゼントも、嬉しい思い出の一つになります。

2. すぐに使いやすいもの・すぐに食べられるもの

使う(食べられる)までに、手間がかかるものは、少し億劫に感じる人もいるかもしれません。もらった人がすぐに使えるもの・食べられるものを選ぶのがベストです。

もちろんスターバックスカードや、コンビニで使えるギフトカードもうれしいアイテム。

相手が使うシーンを想像して、どんなプレゼントだったら使いやすいかなと想像するのが良きです。

嬉しいおすすめのプレゼントって?演劇の裏側も交えてご紹介

連日の稽古を経てそのまま劇場入りすることが多い舞台公演。だからこそ次のような差し入れ・グッズも意外と嬉しかったりします。

  • 疲れをいやすメンテナンスグッズ(フェイスパック・ホットアイマスクなど)
  • 差し入れの大定番お菓子とか食べ物系
  • さっと食べられる食品(レトルト食品、栄養ドリンクなど)
  • 気になる臭いをケアするグッズ(消臭スプレー、消臭剤など)

1. 手軽に疲れを癒せるリラックスアイテム

稽古期間から本番までほぼノンストップで頑張っているので、意外と疲れが溜まっているもの。だからこそ、疲れを癒せるグッズは本当に嬉しいです。

その中でも意外と嬉しいものは、次のアイテムです。

  • 入浴剤
  • 休足時間
  • 蒸気でホットアイマスク
  • フェイスパック

人によってはこだわりを持つ人もいるので、もし愛用のものがわかるのであればそれを差し入れてあげるのもアリかもしれません。

2. 差し入れの大定番!お菓子とか食べ物系

差し入れでよくいただくのは「お菓子」の差し入れやプレゼントです。

中でも多いのは洋菓子のアソートセット(クッキーやフィナンシェなどが一つの箱に詰まっているもの)で、舞台作品はたくさんの人が関わっているため、現場のキャスト・スタッフで分け合いっこできるように選んでくださる方が多い模様。

あまいお菓子の差し入れが多く集まるため、意外としょっぱい系の差し入れや、いなり寿司、カレーパンなど手軽に食べられるフード系はめちゃくちゃ重宝されます。

過去に参加した大阪での舞台公演では、知る人ぞ知る有名ないなり寿司の差し入れをいただき、ケータリングコーナー(全出演者・スタッフが自由に食べられるものをおく場所)においた後、数時間で全部無くなりました。笑

2. さっと食べられる保存食たち

本番中、意外と食べる時間がないことも!だからこそさっと食べられるものの差し入れや、レトルト食品、栄養ドリンクは、本当に救世主的存在です(過剰表現かもですが)。

  • 栄養ドリンク
  • ウィダーインゼリーのようなゼリータイプのもの
  • レトルト食品
  • 保存食(インスタントのスープ、お味噌汁など)

またへとへとになってご飯を作る元気がない公演期間中や、稽古でお金がカツカツになり、アルバイトを頑張る公演期間終了後に渡って、こうしたさっと食べられる食品たちは本当に重宝するアイテムです。

4. 気になる臭いをケアするグッズ(消臭スプレー、消臭剤など)

衣装についた臭いをケアする、消臭スプレーや消臭剤。意外と嬉しいです!が、正直舞台に関わったことがある人ならでは、のチョイスかもしれませんね。

小劇場など、小規模での公演の場合は、こうした衣装の管理もキャスト自身が行うため、あると本当に嬉しいです。キャストで出演する時は「楽屋用に使ってください〜」とセルフ差し入れ?をすることもあります。

差し入れやプレゼントを選ぶ時のポイント3つ

ここからは、実際に差し入れを選ぶ時のポイントをお届けします!

1. 大きさはコンパクトに!

  • 保管に場所を取りすぎない
  • 他のプレゼントなどと一緒に持ち帰る時に大変にはならない

プレゼントに、物理的な大きさは関係ありません。気持ちが大事です。小さくても心のこもった差し入れやプレゼントは、受け取る人にとっても嬉しいものになります。

2. 高価すぎるものは避ける

なんか高いものって、見た目から高い…とわかることも。人によっては、負担に感じてしまうこともあります。

相手のためにも、高価すぎるものはちょっと避けてあげる思いやりも大事です。

3. 要冷蔵・要冷凍のものは避ける

要冷蔵・要冷凍のものも避けてあげると良きです。劇場によっては大きな冷蔵庫がない場合も多いため、保管に困ることも。

受け取る人に負担をかけないためにも、常温でOKなものを選んであげてください。また非常に短い賞味期限のものも同様に、避けた方が無難です。

差し入れやプレゼントを渡す時のマナー3つ

舞台によって、渡す方法が異なります。スムーズに渡せるように次のポイントに注意してみてください。

1. 公演ごとにプレゼントがOKか確認!OKの場合は渡し方も事前に確認

公演の公式サイト・SNSで、プレゼントの受付についてアナウンスがあります。

中にはプレゼントはNG・手紙のみの受け取りOKといった、プレゼントが一部・もしくは全てNGの場合もあるため、事前に必ずチェックするようにしましょう。

プレゼントの渡す方法としては主に次の2つに分かれています。

プレゼントを渡す方法
  • 受付スタッフに渡す(小規模の公演の場合)
  • 専用のボックスに入れる(中規模〜大規模な公演の場合)

2. 差出人がわかるようにする

郵便が届いた時、宛先と差出人が書かれていることが多いですよね。もし自分宛の郵便で差出人が不明だと不安に感じませんか?

それと同じで、差し入れやプレゼントも差出人がわかるようにすると、受け取る側も安心できます。また一言だけ「頑張ってください」と添えてあると、より思いが伝わりやすくなります。

3. お花を送るときは、送付先や引き取り時間の公式お知らせも必ず確認

お花を送るときは、公式が発信している「送付先」や「お届け時間・引き取り時間」の情報も必ず確認してください。

もし確認不足で、送付先やお届け時間・引き取り時間をミスしてしまうと、劇場側にも、業者さん側にもお互い迷惑をかけてしまうことになります。

推しを応援!現役舞台俳優おすすめ8選

1. スタバカード

引用元:スターバックスカード公式サイトより
https://www.starbucks.co.jp/card/

さまざまなデザインがある「スターバックスカード」。オンラインで購入できるもの、店頭で購入できるものの2パターンがあります。

店頭で購入できるカードは、シーズンやその土地によって、さまざまなデザインがあるのが大きな魅力です。地方での公演の場合は、ご当地のものを送るのもひとつかもしれません。店頭で購入するときは1,000円から購入できます。

また店頭に行く時間がない場合は、e-ギフトで送ることもできます。こちらは500円から送ることができます。

>> スターバックスカード公式サイト

2. お菓子

差し入れ、プレゼントの定番のお菓子。見た目が可愛いと、キャストもスタッフも思わず盛り上がるかもしれません。

3. 疲れを癒すリラックスアイテム

表現をする人は体が資本。

怪我なく最後まで公演を乗り越えるためにも、疲れを癒すリラックスアイテムは心遣いを感じられるアイテムです。

4. ドライ食品・インスタント食品

稽古や本番期間は、つい簡単に済ませてしまったり、ファーストフードに頼りがち。

これからも頑張ってね、の思いも込めてこうしたプレゼントもぜひ検討してみてください。

5. 栄養ドリンク・エナジードリンク

舞台公演は本当に体力勝負です。こうしたリポビタやレッドブルーなどは、どれだけあっても困りません。どの公演でも必ずある差し入れアイテムの一つです。

6. てぬぐい

意外と使い道が多い「てぬぐい」。ちょっとした汗を拭いたり、顔を洗う時のタオルがわりになったり。他にもちょっとした物を包んだりするときにも役立ちます。

中でも、おしゃれなデザインの手拭いが勢揃いした「濱文様」がおすすめです!ぜひ!見てみてください!
(私は10枚くらいここの手拭いを持っています笑)

7. お花

公演のお祝いとしてお花をもらうのも嬉しいです。こうしたお花のスタンドは、「花キューピット」などで注文することができます。

8. 手紙・カード

思いをそのまま伝えることができる手紙。たとえ短くても、嬉しかったりします。最近では封筒が透けているおしゃれな便箋も登場しています。

番外編|推しの演劇活動を支えるプレゼント3つ

1. 折りたためるヨガマット

劇場入りや稽古場で、こうした折りたためるヨガマットがあると、ウォーミングアップの時にも使えるので、めちゃくちゃ重宝します。

2. 筋肉をゆるめるマッサージガン

稽古から本番まで、じわじわ疲れも蓄積されています。公演回数が増えるほど、その疲れは大きくなります。

千穐楽まで少しでも疲れを癒して次に備えるために、毎回の公演が終わるとこういったアイテムでメンテナンスをしている俳優の方もいらっしゃいます。

まとめ|差し入れ・プレゼントは嬉しいもの。マナーと心遣いを持って、届けてあげて

舞台公演にプレゼントを持っていく時は

1. 大きさはコンパクトに!

2. 高価すぎるものは避ける

3. 要冷蔵・要冷凍のものは避ける

劇場でプレゼントを渡す時は

1. 公演ごとにプレゼントがOKかを確認!渡し方の確認もお忘れなく

2. 差出人がわかるようにする

3. お花を送るときは、送付先や引き取り時間の公式お知らせも必ず確認

こちらのポイントを抑えてみてください。

この記事が少しでも役に立ったら嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次