俳優なら知っておきたい!演劇・舞台の用語40選

本サイトで紹介している商品・サービスなどの外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります
blog_サムネ画像

日本の演劇界隈でよく飛んでいる専門用語。

俳優を目指したいなら、知っておきたい言葉もたくさんあります。現場に入った時に、少しでも理解できるように、この記事を参考にして、少しでも触れてみてください!

今回はお芝居に直接関係あるもの、舞台演劇でよく聞く専門用語の2つに分けてみました。

こんな人におすすめ
  • 舞台(演劇やダンス)に始めて出演する人
  • 舞台に興味がある人
目次

お芝居に関する専門用語

アドリブ

即興で行う演技。ラテン語の「アドリビトゥム(ad libitum)」が語源で、「好きなように・気ままに」という意味です。

演劇では、セリフがないパートでのお芝居や、突然のトラブルの回収をしたりする時にもこの言葉が使われます。

衣装合わせ

本番の衣装を決めるために行われる作業のことです。

板につく

俳優が経験を積み、舞台上でしっかりと芸を演じている様子。転じて、態度や仕事ぶりがしっかりしている様子を指す一般的な言葉。

外郎売

1718年に初演された歌舞伎の演目。小田原で作られる丸薬「外郎」が由来。発声や発音の稽古で用いられる定番教材。

座頭・座長

一座の構成員を「座組」と言い、その主席役者を「座頭」と呼ぶ。現在では「座長」とも言われる。

さくら

お客様を煽るために仕込まれた偽の客。桜の花に例えられ、パッと現れパッと散る印象から名付けられた。

シュプレヒコール

政治的な集会やデモで参加者が声を揃えてスローガンを叫ぶこと。演劇では台詞を何人かで朗読する際に用いられる。

潤色

物語や文章に手を加え、物語を作り直すこと。特に時代劇で史実に空想上のエピソードを付け加える場合に用いられる。

素読み

台本を受け取った段階で行う稽古。意味や内容を考えず、抑揚や感情を入れずに文字だけを声に出して読む。

台詞

俳優が舞台などの劇中で、登場人物として話す言葉。戯曲や脚本では、役者の動きを書いた部分を「ト書き」と言い、台詞とト書きで戯曲本文の大部分を占める。

演劇関係の関係の専門用語

アングラ演劇

「地下」を意味する「アンダーグラウンド(underground)」を省略したもの。1960年代アメリカで発生した芸術のムーブメントで、反体制の地下運動や大衆文化に対する前衛的な文化の運動。

アンコール

終演後、拍手やかけ声によって出演者に再度の演奏や上演を求めること。フランス語の「Encore」が語源で、「再び」「もっと」という意味。

インカム

イヤホンとマイクが付いた通信機器。和製英語で「インター・コミュニケーション」の略。舞台裏や照明・音響のオペレーションルームで使用される。

オンステージ・オフステージ

オンステージは「舞台上」、オフステージは「舞台裏」を表す。

さしがね

陰からこっそりと人を操ること。舞台で、蝶や鳥などを動かすために使われる黒く塗った竿のこと。

シュート・照明合わせ

本番前に劇場の空間演出照明を決める作業。演出家と照明責任者が焦点や明るさを微調整する。

スタンディング・オベーション

公演終了後、観客が立ち上がって行う熱烈な拍手。全身を使って感動を表現する欧米で生まれた表現。

なぐり

舞台用の大工道具で、一般に「金槌」「トンカチ」「ハンマー」と呼ばれるもの。舞台用のなぐりは柄が長く、釘を打つ際に大きな力を出すことができる。

マチネ・ソワレ

昼公演をマチネ、夜公演をソワレと呼ぶ。フランス語由来で、マチネは朝・午前、ソワレは夕方・陽が暮れた後の時間を指す。

暗転・明転

舞台上の装置や俳優を移動させ、違う場面へ移ること。暗い中で行うことを「暗転」、明るい中で行うことを「明転」と呼ぶ。

暗転チェック

舞台の照明を落とす際、意図しない明かりがないかを確認する作業。非常灯や隙間明かりを潰すことが含まれる。

暗転幕

舞台上で、照明を落とした状態での転換作業を隠すために使用される黒い幕。客席からは見えないように設置される。

音響効果

舞台演劇や映画、テレビ番組などで使われる効果音や音楽。英語で「サウンド・エフェクト」。舞台効果の一部として重要。

楽屋祝い・差し入れ

本番を迎える俳優への気持ちとして、知人やファンから劇場へ持ち込まれるプレゼント。

桟敷

一般の席より高く作られた板敷きの客席。歌舞伎の劇場やお祭り、大相撲の桟敷席などに設置される。

仕込み

演劇の世界で、本番を迎えるための用意全般やそれに要する費用を指す言葉。

尺・寸

尺貫法に基づく長さの単位。演劇界では現在でも尺貫法が主流で、一尺は約30.3cm。

祝い花

劇場のロビーなどに飾られる、送り主の名前が入った花束。出演者や主催者を元気付け、彩るために贈られる。

所作

演技における動作や仕草。特に歌舞伎では、舞踏劇や舞踊そのものを指すこともある。

商業演劇

営利を目的とした演劇。大劇場での公演が多く、スター俳優が主役を務めることが特徴。

小劇場演劇

小さな劇場で上演される演劇。演劇運動の一環として、商業主義から解放された本来の芸術を目指す演劇を指す。

上手・下手

舞台用語で、客席から見て右側が上手、左側が下手を指す。身分の高い役は右(上手)に配置されることが多い。

新劇

写実的でリアリズムを重視する演劇のジャンル。ヨーロッパの近代演劇に影響を受けた新しい演劇スタイル。

千秋楽

興行の最終日。長い年月を表す「千秋」という言葉に由来し、縁起の良い「亀」の字を取り入れて「千穐楽」と表記されることもある。

打ち上げ

芝居などの公演終了後の宴会。一般にも普及し、会合後の飲み会を指す言葉として使われる。

大道具・小道具

舞台装置を指す言葉。大道具は大掛かりなセット、小道具は細々した物や道具を指す。

奈落

劇場の舞台床下にあるスペース。通路として使われるほか、回り舞台や迫りなどの舞台装置がある。

奈落に落ちる

不幸のどん底に辿り着くという意味。舞台の奈落が語源で、江戸時代には前科者などが働いていたことから生まれた言葉。

板付き

幕が上がった時点で役者が舞台上にいること。逆に、役者が舞台袖でスタンバイしていることを「陰板」という。

表方・裏方

劇場での仕事を分ける言葉。客席側を「表」、楽屋側を「裏」とし、それぞれで働く人を「表方」「裏方」と呼ぶ。

まとめ|演劇やお芝居の専門用語はまだまだある

ざっと専門用語をご紹介しましたが、いかがでしたか?

こうした言葉は現場に入ってから理解する人が多いそうです。少しでも知っていると、「お?知ってるのか」とちょっとだけ得をするかもしれません。

他にもまだまだ紹介しきれないくらいの専門用語があります。ぜひ調べてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次