【韓国女子ひとり旅】念願の韓国小劇場の街・大学路に行きました【2泊3日の旅レポ】

本サイトで紹介している商品・サービスなどの外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

日本のお隣・韓国。最近ではK-POPや韓国ドラマ・映画で大きな盛り上がりを見せていますね。
遊びに行きたいなと考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。

私もそんな1人。中でも韓国のドラマや映画が大好きです。
実は韓国のドラマや映画に出演する俳優の中には、ミュージカルなど舞台出身の方も多いことを知っていますか?

まな

韓国語わからないけど、韓国演劇を見にいきたーい!

今回は、初めての女一人旅として、韓国・ソウルにある演劇の街・大学路に行ってきたレポートをお届けします。


こんな方におすすめ!

  • 韓国の大学路で演劇を見てみたい
  • 初めての韓国旅行どんな感じか気になる
  • 韓国の演劇事情が気になる
  • 初めて韓国への女子1人旅ってどんな感じ?

時間がない!という方はこちらからまとめを見ることができます。

あわせて読みたい
【韓国安く行きたい人必見】ソウル2泊3日を4万円で行きました【おすすめアプリ/通信環境も紹介】 K-POP、韓国ドラマ、韓国映画などなど。 最近ブームの韓国。きっと韓国に行きたい人も多くいるはずです。 私は今年6月、韓国の演劇を見ようと、2泊3日の一人旅に行って...
目次

いざ韓国・ソウルへ

今回は成田空港から仁川国際空港まで2時間ちょっとで入国。そこから空港鉄道に乗ってソウル市内に向かいました。

画像

事前に空港で交通ICカードを買えることはチェックしてたものの、たくさんの旅行者+広すぎる空港内に圧倒されて、完全に迷子。オロオロしながらe-SIMをセット。

1人でかい荷物を抱えながら、スマホで調べまくり…。なんとか人が並んでた券売機を見つけ、目的地の名前に似た駅の名前を押して購入することができました。

当たり前ですが、事前の徹底リサーチ必要ですね。

このときに買った「Single Journey Ticket」。なにやら韓国語で説明らしきものが書かれてた…のですが! 何やらさっーぱりわからず。到着早々お世話になりました… 翻訳アプリ・PAPAGO…。

画像
PAPAGOって、写真で読み込んだ韓国語をすぐに和訳しちゃうのです。

PAPAGOって?
LINEの親会社であるNAVER(ネイバー)が開発している翻訳サービスのこと。
音声・画像・会話などさまざまなシチューエーションでの翻訳ができる。

WEB版Android版iOS版の3タイプがリリースされているので、気になる方はぜひお試しあれ!

あわせて読みたい
韓国語話せなくても、韓国旅行って大丈夫なの?【結論:楽しめます!ご安心を】 韓国いきたいけど、韓国語が話せない K-POPや韓国ドラマ・映画など、最近ホットな韓国。 思い切って韓国に行こうと思っている方もいるのではないでしょうか? でも… 韓...

さっそく韓国文化に遭遇

ソウル市内に向かう空港鉄道は約1時間ほどの移動。家を出発したのは朝の6時だったこともあり、何気なく近くの席に座ったら、韓国人の方に怪訝そうに見られました

私「?」

座席付近を見回すと、どうやら優先座席だった模様。韓国は年長者を敬う文化があるため、どんなに席が埋まっていても、優先座席は誰も座らないことが多くありました。次の駅についたら、そーっと席を立ちました。

画像
こんな感じでした

韓国の地下市場を発見

到着後ソウル市内を散策してみると、地下の市場を発見。服の格安セールもありました。(私もちゃっかり10,000ウォン<日本円で約1,000円>の服を購入)

画像
さすがに堂々と撮るのは気が引けたのでこっそり

いざ韓国の演劇の街・大学路へ…

そんな感じで大学路の最寄り駅・恵化駅(ヘファ駅)に到着。

画像
へファ駅4番出口

東京・下北沢の10倍以上の劇場数にびっくり

韓国の大学路は、東京の下北沢。ですが、下北沢の劇場が7 〜8件なのに対して、大学路といえば…

画像
仮面マークついてるのが、全て劇場です

多すぎない????

しかも日本の小劇場は、1つの劇場に1シアター(ホール?)に対して、大学路の劇場は2〜3シアターくらいありました。

画像
ここの劇場は3作品を公演…!すごい

大学路ってそもそも何?

大学路はソウル特別市鐘路区にある文化芸術の街。もともとソウル大学のキャンパスがあったことから、「大学路」の地名がつきました。元は文理のキャンパスもありましたが、今では医学部のキャンパスのみになっています。

大学路でこうやって当日券を買いました!

ここから旅のメイン。韓国の小劇場で演劇を見るために、大学路へ。
韓国の演劇文化に触れて面白く感じたことなどをどんどん書いていきます。

駅についたらセンイル広告がお出迎え

まず!駅について驚いたのが、「ミュージカル俳優さんのセンイル(誕生日)広告が出てた」こと。

広告枠を買ってお祝いする文化は、韓国発祥なのでしょうか(私も過去にグローバルファンのプレゼントキャンペーンに参加したことがあります笑)それにしても、愛が強火すぎる。

地上に上がると、公演のチラシがずらりと。

道中には公演チラシの掲示板が…数すごすぎる

当日券はこうやって購入

チケット購入〜観劇までの流れ

STEP
チケットボックスに行く

大学路の劇場での上演情報はここでリサーチできます。
しかも当日券は60%OFFで安くみられることも。要チェックスポットです。

STEP
観たい公演を選択、チケットを買う
STEP
開演1時間前に劇場のチケットボックスで、座席を指定する
STEP
開演時間になったら劇場に向かう

韓国・大学路|当日券を買うなら、まずはここへ。

最寄駅の恵化駅(ヘファ駅)2番出口の近くにあるチケットボックスへ。

ここのチケットボックスは、大学路で上演されている公演フライヤー(チラシ)が集結+チケットも購入できる場所でした。フライヤーラックには、ずらっと公演中〜今後の予定されているものまで、その数およそ50公演分も…!すごすぎる…。

めちゃお得に買える当日券。私はこうやって購入しました!

チケットボックスに行って、どんな公演があるのかはわかったものの。

「どうやってチケット買えばええの?」

ネットで事前に調べても、当日券の購入方法がさっぱりわからなかったのです(ちなみに英語と日本語だったので、韓国語できるならすぐにわかるかも)。

スタッフさんに「ここはじめて。わたしplay(演劇)見たい。でもチケット、買う、わからない」と辿々しすぎる英語でスタッフさんに質問しました(いや、せっかく翻訳アプリあるんやから使えよ)。でも優しいスタッフさん、めちゃくちゃ丁寧に教えてくれました。大感謝。

教えてもらった内容は…

  • チケットボックスで購入できるチケットと、ネットでしか買えないチケットがある
  • チケットボックスにあるタッチパネルでディスカウントチケット(割引価格のチケット)の情報も見れるから、そこから選べる

とのこと。

ちなみに割引価格のチケット情報はここから確認できました。

画像

翻訳アプリのPapagoを駆使して、観たい公演を選び、カウンターへ。スタッフさん「これ、チケット一枚クダサイ」と伝え、無事購入することができました。

あわせて読みたい
韓国語話せなくても、韓国旅行って大丈夫なの?【結論:楽しめます!ご安心を】 韓国いきたいけど、韓国語が話せない K-POPや韓国ドラマ・映画など、最近ホットな韓国。 思い切って韓国に行こうと思っている方もいるのではないでしょうか? でも… 韓...

ちなみに私が今回買ったチケット。元の金額は50,000ウォン(日本円でだいたい5,000円)のところ、

画像
(感動のあまり思わず撮った写真)
お分かりだろうか…日本で映画を見るよりも安いことに…

17,900ウォン。

流石にびっくりしてスタッフさんにも聞き直しました。笑

それでもこの金額だったので、お支払いを済ませ、最後に韓ドラ見て覚えた「정말 감사합니다~~~!!(本当にありがとうございます)」を伝えて、チケットボックスをでました。無事チケットチャレンジ終了。

ついでに方向音痴野郎なので、劇場までの道のりを実際に歩いて確認し、近くのスタバで、チケットの交換時間まで待つことに。

余談ですが、韓国はお店の入れ替わりが激早のため、Google Mapでは更新が追いつかないとのこと。Never Mapがおすすめです。が、このスタバはどうしても見つかりませんでした。(なんでや)

劇場スタッフさんと私、オロオロしながら座席指定

なんだかんだしてたらチケットの交換時間に。

私が今回行った劇場は、自由席ではなく、劇場の前にあるチケットボックスで、先に座席を指定するタイプでした。

ちなみに、チケット交換の時に行く「チケットボックス」は、チケット購入時と違い、劇場の1階部分にある受付のこと。そこで購入したチケットを渡して、座席指定ができました。

最初は全然わからなかったものの、行ってみるとすでに人だかりができていたので、わかりやすかったです。

チケットを握り締め、いよいよ私の番。

劇場スタッフさん「$%*<@¥&?(ガッツリ韓国語)」
私「・・・・????」
劇場スタッフさん「・・・??」

和訳の字幕もない、しかも韓国の小劇場の、公演を見に来るのは、韓国の人しか(ほぼ)いないはず。劇場スタッフさんは何一つおかしくないです。とりあえずここは英語だ!と思い(だからなぜ翻訳アプリを使わない)、「えいごハナセマスカ?」と聞くと、「어…(めっちゃ可愛い困り顔)」に。座席シートが見えたので、ほぼボディランゲージとアイコンタクトと英単語でチケットの座席選択も乗り越えました。ここでも、忘れずに韓ドラ見て覚えた정말 감사합니다~と伝えました。本当に優しい人に恵まれています。大感謝。

いよいよ観劇!

今回私が選んだのは「뷰티풀 라이푸(ビューティフルライフ)」。家族もの×コメディで、韓国の家族文化やコメディを知れたらと思い選びました。

画像
エレベータの中はこんな感じ

物語としては、2人の老夫婦の出会いから離別を描いた、ヒューマンドラマ&コメディ。(字幕は一切なしです。100%韓国語。)

結論、韓国語わからんけど、楽しめた。笑 

言葉はわからないので、細かい表現は取りこぼしてるのですが、役者さんの表現や仕草などから、だいたいこんなこと話してるのかな?とか、そんなところは想像できたので、結構楽しく見れた気がします。どこかで聞いた「演技でも、言葉はわからなくても、感情はわかる」ってこういうことか!とある意味大発見。演劇でも海外の人とも繋がれるかも、とある意味可能性を感じた体験にもなりました。

この舞台は2人芝居なのですが、作中4役(青年期・老齢期も入れると6役)を違和感なく演じられていました。ちなみに私が2人芝居だと気づいたのは、カーテンコールの時。キャストが2人しか出てこず「あっれぇ?」とびっくりしました。

めちゃ近い距離感にびっくり

あと思ったよりもお客さんとの距離が近かった!劇中2人で公演デートする時に記念写真を撮るシーン。1列目のお客さんにスマホ渡してポシャリと1枚撮ってもらったかと思えば、物語に戻ったあと、「なぜ撮れてるのか不思議ねぇ」って、話してたり。幕間でキャストが「あ、そこ(1列目)のお兄さん、ちょっとでてきて!」って言ったかと思うと、折りたたみテーブルを運んでセッティングしてもらってたり。そのあと「座って座って!お兄さんどこからきたの?」「◯◯(ソウル郊外の地名。聞き取れませんでした…ッ)から」「え、◯◯?!めっちゃ遠いね、誰ときたの?」とかプチインタビューコーナーあったり、「ソジュ(韓国の焼酎)飲もう」といきなり酒盛りしてたり(どうやら中身は水だった様子。そりゃそうか。)、めちゃくちゃ自由。

2016年からロングラン公演してるようなので、どんどん進化してるんだろうなぁ…。そんな感じで、日本にはない距離感の近さとチケットのシステムにカルチャーショックを受けました。

韓国・小劇場の旅のまとめ「韓国語わからなくても楽しい!」

というわけで、韓国の小劇場の街・大学路のレポート。いかがでしたか?

  • 韓国行くなら、翻訳アプリPapagoは必須!写真を撮れば日本語に訳してくれるぞ
  • 韓国・大学路は、韓国小劇場の街。劇場の数は小さな街に100以上!毎日どこかで公演をやってる演劇好きにはたまらない街。
  • 韓国の小劇場は当日券が安くなる!その他、いろんな割引も揃っていて、演劇をやっている人なら、本当に羨ましさしかない環境が整っている
  • 推しの俳優の誕生日にはセンイル広告。最寄駅でも見かけることができるかも。

というわけで、韓国に行く機会があれば、ぜひ!!立ち寄ってみてください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次