【韓国安く行きたい人必見】ソウル2泊3日を4万円で行きました【おすすめアプリ/通信環境も紹介】

本サイトで紹介している商品・サービスなどの外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

K-POP、韓国ドラマ、韓国映画などなど。

最近ブームの韓国。きっと韓国に行きたい人も多くいるはずです。

私は今年6月、韓国の演劇を見ようと、2泊3日の一人旅に行ってきました。

はじめて一人で韓国旅行に行く方や、あまりお金がない学生の方にも役に立つよう、安く行く方法やおすすめのアプリなどもご紹介します!

こんな人におすすめ
  • 韓国2泊3日を安く行きたい方
  • 韓国旅行には欠かせないおすすめアプリ
  • 初めての韓国一人旅でどう準備したらいいかわからない方
目次

韓国旅行に絶対必要なアプリ2つ

韓国旅行で絶対に欠かせないアプリをご紹介します。

韓国旅行に絶対必要なアプリ2つ

1. 翻訳アプリ「Papago」

韓国のNeverが提供している無料アプリです。このアプリ何が優れているのかというと、画像の翻訳や会話の翻訳ができること。

今回の一人旅でも、画像翻訳がめちゃくちゃ活躍しました。

実際の翻訳はこんな感じ。

img_trasfer

WEB版Android版iOS版の3タイプがリリースされています。

あわせて読みたい
【韓国女子ひとり旅】念願の韓国小劇場の街・大学路に行きました【2泊3日の旅レポ】 日本のお隣・韓国。最近ではK-POPや韓国ドラマ・映画で大きな盛り上がりを見せていますね。遊びに行きたいなと考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。 私も...

2. 地図マップ「never map」

「ここに行きたいけどどうしたらいいの?」そんな時、きっとGoogleMapを使う人もいるのではないでしょうか。しかし韓国ではGoogleMapが使用できないエリアも…。

そのためNaverマップを使用することをお勧めします。

こちらもiOSAndroidウェブ版の3つがリリースされています。

韓国に安く行くなら知っておきたい!お得にする方法3つ

韓国に2泊3日滞在する場合の平均予算は7万円前後。せっかく行くなら少しでも安く抑えてその分、美味しいグルメやアクティビティに使いたいですよね。旅行の中でも、大きくかかる航空券やホテル代を、少しでも安く抑えるためのコツを3つご紹介します。

1. 旅行パックを使う(航空券+ホテルのセットを予約する)

ホテルや飛行機を抑える時、別々に抑えるよりは航空券とホテルが一緒になったセットで予約するのがおすすめです。

私はいつも色々な旅行サイトを比較して、ベストなプランを見つけています。
たまに、特別な割引やおまけがついてくることもあるので、見逃せませんよ!

2. シーズンオフや平日を狙う

旅行の費用は、需要が高くなるシーズンや時期には金額もその分高くなり、逆に閑散期になると安くなります。

高くなりやすい時期は…
・年末年始
・ゴールデンウィークなどの大型連休
・お盆休み

多くの人の休みが重なる時期が、金額が高くなる傾向があります。

安くなる時期は

  • 12月前半(年末年始以外)
  • 1月後半〜2月
  • ゴールデンウィーク明け5月後半〜7月頭

この時期が安くなりやすいです。私も6月の下旬を狙って韓国に行きました。

3. 旅行会社のバーゲン時期を狙う

HISやJTBなどが季節ごとにやっているツアーセールを利用すると、ホテルを普通に予約するよりも数千円ほど安く抑えることができます。

主に安くなるのは次の3つの時期が多いです。ぜひ参考にしてみてください。

旅行会社のバーゲン時期①:年末年始

年末年始は、旅行会社さんたちが特別なセールを開催する大チャンス!新年の休暇や春休みの旅行を計画している人にはぴったり。この時期に予約すると、かなりお得になることが多いんですよ。

旅行会社のバーゲン時期②:夏季セール

夏休み前の6月頃にも要チェック。特に家族連れや学生さん向けの夏の旅行プランがお得になるセールが多いです。夏休みの旅行を考えているなら、この時期のセールは見逃せません!

おすすめの旅行会社は?HISと日本旅行で比較

ホテルと航空券を予約する時に使う旅行会社。ここでは代表的なHISと日本旅行の2つを比較してみました。

HIS:節約重視&予約のしやすさがバツグン

  1. 価格重視のプランが豊富: HISは価格競争力が高く、特に若年層や予算に限りがある旅行者向けのお得なプランを多く提供しています。
  2. オリジナルツアー: HISは独自のツアーを多く企画しており、他社にはないユニークな旅行プランを見つけることができるかもしれません。
  3. オンライン予約のしやすさ: オンラインでの予約が簡単で、若い世代にとってアクセスしやすいシステムを持っています。

私も今回の韓国旅行はHISで手配しました。学生時代にも台湾への旅行で利用しましたが、金額も安めだったので、HISで利用しました。

日本旅行:修学旅行でもお馴染み!信頼と安心感が◎

  1. 信頼性と安心感: 日本旅行は長い歴史を持ち、信頼性と安心感があります。サポート体制が充実している点も魅力です。
  2. 幅広い選択肢: 日本旅行は幅広い年齢層に対応した多様な旅行プランを提供しており、細かなニーズに応えることができます。
  3. カスタマイズ可能なプラン: 予算や希望に応じてプランをカスタマイズできるサービスがありますが、価格はHISよりやや高めになることがあります。

日本旅行といえば、学校の修学旅行でよく利用されている旅行会社です。歴史も長いため、信頼感が抜群。安心できる旅行会社での予約なら、日本旅行がおすすめです。

韓国いく時期が決まったら?

ビザ情報・入国情報を調べる

コロナ禍の影響で数ヶ月ごとにルールが変わったりします。最新情報は大使館情報や各旅行会社の情報で調べましょう。

>> 在大韓民国日本国大使館で入国情報を調べる

あと日本から韓国への入国は、Q-code があると楽。(入国時の紙を書く手間が省けるし、検疫も早く進みやすい)

モバイル環境を手配する

海外でもスマホを使うために、モバイルWi-Fiもしくは期間限定のSIMカードを購入しましょう。(現地のフリーWi-Fiを使用する手段もありますが、セキュリティ面で100%安全とは言えないため、ご自身でモバイルWi-Fiもしくは期間限定のSIMカードを用意するのがおすすめです。)

私はeSIMを購入しました!

海外保険に加入する

海外でのケガや病気、物損などのトラブルに備えて、掛け捨ての海外旅行保険に加入しておくのがおすすめです。もちろん海外旅行保険付帯のクレジットカードもあるので、そうしたカードを持っている場合は、そのカードで保証しきれない範囲を、カバーするのもひとつ。

比較サイトで調べながら、安さと保証内容があったものを見つけていきましょう。

私が使用した海外旅行保険比較サイト

価格コム

保険市場

お得に移動する手段を知っておく

韓国での移動手段は、電車・バス・タクシーの3つ。

電車の場合、10kmまでは1,350ウォン(約136円)で移動できます。しかも、チャージ式のプリペイドカード「T-money」を使うと100ウォン安く乗ることができるのでおすすめです。また電車はルートも決まっているので、初めて韓国旅行をする人にもおすすめです。

またバスは10kmまで1,100ウォン(約120円)と電車よりも少し安め。ですが、パリパリ文化(なんでも早くしようとする文化)な韓国のバスなので、中級者向けの交通手段かも知れません。

最後にタクシー。韓国のタクシーは日本に比べて、はるかに安いです。ですが、タクシーの色によっては料金が違うことも。

こちらのサイトにわかりやすく違いがまとまっていたので、ぜひ参考にしてみてください。
https://locotabi.jp/seoul/guide/tp-gen-taxi

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次