貯金がない。将来が不安…。そんなあなたに届けたいやるべきお金の3つのこと

本サイトで紹介している商品・サービスなどの外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

なかなか貯金ができない…将来が不安。どうしよう

今回は貯金ができずに不安を抱えている人に届けたい内容です。

貯金のためには、やっぱり節約なの?

私の考えですが、

まな

貯金を作るには、節約+収入を増やすの両方が大事だと思います

節約だけでは貯金のスピードは遅いからです。

ですが!

1.まずは節約から

2.慣れてきたら収入を増やすことにも挑戦

この流れがおすすめです。

目次

なぜ節約から始めるべきなの?

まずお金を貯めるには、収入を増やす or 支出を減らす(節約)しかありません。

それでも、節約から始めるべき理由は

  • 計画的なお金の使い方を身につけるため
  • 収入を増やすことに比べると、支出を減らすことは取り組みやすいから

この2つです。

もし毎月の収入を全て使い切る生活をしているなら、収入が増えたとしても貯金ができる可能性は低いままです。だからこそ、最初に毎月の支出の中で、少しでも余るお金を増やせるようにすることが大切です。さらに大切なのは、収入が増えた後もこの水準を維持することです。

お金の使い方を見直すと起きる不思議ないいこと2つ

節約が大事なのはわかるけど…

という方もいるかもしれませんね。ここでは、私がお金の使い方を見直したことで実際に起きたいいこともお届けします。

支払う時の価値を考えるようになった

お金を稼ぐ=自分の時間を使っています。少しでも使うお金を減らせたら、今まで1円を稼ぐために使っていた時間を、好きなことに使えます。

私の場合、お金の使い方を見直すと同時に、手持ちの物も大きく見直しました。その過程で「これを買ってなければもっと他の舞台をみに行けたのに(私の場合)」など、感じることが多くありました。以来、新しく買う時はネットでよく調べて安く買う方法がないか、他の方法で代用できないかなどを考えるようになり、今では節約に繋がっています。

「仕事できなくてもなんとかなる」安心感が持てた・選択肢が増えた

貯金がある程度できたことで、私は正社員を思い切って退職。それまでは実家暮らしでしたが、そのお金を元に一人暮らしも始めることができました。節約スキル=みらいの選択肢を買っているとも考えられるようになりました。行動しやすくなるのも、貯金があるからこその結果かもしれません。

お金の使い道ってどう見直すの?→削っても平気なところを見つけよう

  • スマホ代
  • 家賃
  • 電気代
  • 保険代

その中でも上記のような固定費(毎月決まって支払いが発生する支出)を見直すことで、我慢することなく使えるお金を増やせます。

節約できる箇所の見つけ方

節約できる箇所を見つけるポイントとしては、「置き換え」「捨てる」の2つが大切です。

1. 置き換え

スマホの通信プランであれば、キャリアのプランから格安SIMなどのプランに変更する
スーパーであれば、大手の食品メーカーの商品ではなく、プライベートブラントにしてみる

など、意外と置き換えても変わらないものがいくつかあります。

人生劇場
置き換えるだけで月5000円の節約!格安SIMの選び方&おすすめ4選 | 人生劇場 突然ですが、何もしなくても月に5000円使えるお金が増えるとしたら?何に使いますか? 節約は、働かなくても使えるお金が増やせる方法の一つです。そこで今回は格安SIMとは...

2.捨てる

捨てるといえば、断捨離などを思い浮かべるかもしれません。が、ご飯をずっと外食で頼っていた部分を自炊にしてみるという習慣の断捨離もこうした節約には有効です。この習慣を捨てたら、もっと節約になりそうだなと思うものを探してみてください。

節約できるようになったら→収入源作りに挑戦してみる

ある程度節約できるようになったら、「自分でお金を稼ぐ」チャレンジもしてみてください。

最初の第一歩としておすすめなのは、

  • メルカリ(いらないものを売ってみる)
  • ポイ活(ポイントを稼ぐ)
  • セルフバック(クレカの申し込みなどでお金を得る)

の3つが最初はやりやすいです。

まとめ:まずは10万円の貯金を目指して節約。達成したら自分で稼いでみる

節約することで

  • 1円を稼ぐための時間を減らすことができる
  • お金の価値を考えるようになる
  • 選択肢が増やせる(行動しやすくなる)

この3つのいいこともあります。

まずはこうしたところからお金の使い方を見直しつつ、10万円の貯金が達成できたら、今度は自分でお金を稼ぐチャレンジも始めてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次